ブログトップ

ROCK農民連合

bluesbird.exblog.jp

農ROCK,農LIFE!

<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

a0169501_20504651.jpg


日が昇ったわけやね、、、我が輩は暑い夏と寒い冬がな

ニガテなんよ、、、、

我が輩の暮らす地は海岸線に出ると亜寒帯と亜熱帯の植物が混雑して極層というヤツを構成している植物学の分野では世界でも類をみない変ったとこなんよ

夏は沖縄が涼しく感じるくらい温度が上昇しよる
しかも湿度も水田が多いからジメジメな訳や

a0169501_2101897.jpg


朝8時を過ぎると外気温が30℃を越すんや
a0169501_215421.jpg


そこで朝は早う起きるんよ まあ5時にはお散歩開始やね
a0169501_2181380.jpg
a0169501_2175445.jpg


そこのキミもお散歩しませんか〜?
a0169501_2110115.jpg

[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-07-20 21:12
a0169501_19525021.jpg

画像はPINK CLOUDと虹 撮影自宅2階より2010 7 16 


雨期が終わった、ニホンゴでは梅雨というやつですね

最後に粋な風景を演出して去った梅雨の女王

各地で甚大な被害も出たらしいが いきなり猛暑にしてくれてありがとうね!

暑い夏こそ「オレの出番だぜ!」


梅雨の間、知人から「知人が悪性生物に侵されて、、、」「何か良い情報会ったら、、、」と言うお問い合わせを頂く事が数回ありました
[良い情報かも(ここで深呼吸をする事が呼吸器にいいらしい)]


人生初めての経験に「ショック」って言うより
参りました、、、こゝろがどうにかなりそうな感じアルヨ

20代の頃は「病気なんてありえんじゃん!」ってノリだったし30代の頃は「随分先の方にあるお話し」と思っていたのにね、、、、

「おっさん道」まっしぐら!な現実に目眩がクラクラしたぜ、、、、

更に仲良くしている「マツモトキヨシ」の母が動脈瘤で倒れたり、和歌山の民族系神道派知人のオヤジさんも具合がかなりお悪いらしい、、、(おかげでナンコウ梅が届かなかったっス)

若い若いと自分で思っているものの「時間」は残酷なまでに現実ってヤツを見せつけてくれる今日この頃

だからこそ一分一秒を大切に味わいながら暮らしていきゃないと
「見逃してしまいそうな人生の愉しみ」に気付かないんだろうね

GET WELL 病気で苦しんでる皆さん
GET WELL 絶望の淵を彷徨うご家族のこゝろ


もうちょっと精進して命を支える知恵を「自然」から教えてもらう事にするよ

その道も終わりのない物語みたく「虹」を追いかけるのに似てるんだろうな
[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-07-17 20:39
a0169501_133718.jpg

初夏の訪れと共に「山林」作業が始まる

「カシノナガキクイムシ」にやられたブナ科樹木の枯死被害林をなんとかしようと言う「奉仕団員」として山林に入るのだ、、、、

被害にあった山林はこのように「紅葉」してしまう
a0169501_1382870.jpg

地元民でも山で起きている出来事を知らない人や観光で訪れた都会人は
「ちょっと、なんか紅葉が異常に早いのじゃないか、、、」と思うのが当然なくらい山が燃えている

このあたり世界遺産にも登録されている地域なので観光客も週末には空模様のかげんが悪くなる前に大勢来るからね

一度「季節外れの紅葉」しちゃったブナ科樹木は翌年には完全に葉が落ち「再び」葉を付ける事はなく枯れてしまう

大真面目になんとかしなきゃと考えている「学者」も大勢いる事はいるが
実際に山で作業をしている立場の人間として「もう無理なんじゃないか」と思う

ブナ科の樹木は「昔は薪炭の材料として」この国のエネルギー源だった時代には「人間が管理」していたらしいが「今は放置されている」のが現状だ

直面する問題として「ブナ科」の樹木が実らせる「種」を餌にしている「クマ」などの動物がヤバい事になるんだろうね、きっと
a0169501_13171180.jpg


我が奉仕団が管理している森にはもうほとんどブナ科の木々は枯れてしまい被害拡大を防止する為に「昨年中に伐採」したのよ、、

現状は数本の「山グリ」が生えてはいるが「時間の問題」でやはり被害にあうんだろうな

昨年 ニホンジカとの強烈な競争に勝利し「大量に収穫」した山グリを「発芽」させようと頑張ってみたものの「ハツカネズミ」の胃袋に治まり見事全滅してしまったようだ
(※あの白いのはアルピナなので自然界には滅多にいません、通常はグレーの毛皮を着ていらっしゃるのよ、、ハツカネズミ君も1センチくらいのすき間から自由に出入りするので人間太刀打ち出来ないのだ!異常に賢く毒団子や駆除装置に中々かからない、、、天敵のヘビ君は「異常に増えすぎたカラス」にやられ、、、、アオダイショウもそのうち絶滅危惧種になるかもね、人間もそのうちカラスに突かれるのだろうか?)

こんな地球に誰がした?
ウ〜ン とても難しい問題じゃないか

と高尚な事を考えていると

「おっ!、、、」
a0169501_1329135.jpg


これは『紅天狗様』のご親類「タマゴダケ君」ではないか!
天狗茸の仲間は皆「美味」なのだが、、、、、、
(注、世界で一番美味なキノコと呼ばれる紅天狗茸さんは世界で一番強烈なサイケデリックス作用も御持ちだそうなので気をつけて召し上がって下さい 「運が悪いと帰ってこれないぞう」だそうだ)

よく見るとタマゴダケ君の特徴である「笠周囲の条線が同定のポイント」がナイ
もうちょっと観察すると、、、

あれっ!

食べられない事もないヒイロガサ(ヌメリガサ科 アカヤマタケ属)であったのよ、、、

非常にがっかりしたので

a0169501_13343894.jpg


クロモジ君を今日の入浴のお供にしようと思い「山の恵み」を頂いた

江戸時代は歯ブラシとして活躍し、最近は高級化粧石鹸の香料としてはたまた「養命酒」の原料としても珍重されている「クロモジ君」はこの時期「お風呂の供」として用いると「爽快」な気分にしてくれる作用がある

梅雨空に気分までじめじめした日や夏バテしそうな熱帯夜に「クロモジ」のお風呂
マジで効きます が乱獲しないでね〜

と言っても 今まで頭上にあった「ブナ科樹木」がいなくなってウワミズ桜とならび樹勢がいいのが「クロモジ」であるので まあちょっとくらいならいいのかな〜?

午前中 世界遺産の山林で汗を流し「奉仕団のお世話役」のY氏宅で 
a0169501_13413646.jpg


なんと本格「流しそうめん」

涼である 風情がある、、、
一同 感謝 感謝 感謝!

自宅に戻ると「中国郵政」からEMSが、、、、
a0169501_13434516.jpg


開封してみると中華5000年の秘術を用い どこで手に入れたものか
a0169501_13444753.jpg


一線を越えたCD、HQCDが6枚入っていた

上海名物「バチモン」ではないのかと「怖々」開封すると

な、な、、なんと
本物じゃん、、、ちゃんと「Char」と「JL&C」でありました、、、、

でも謎の多いクニだな「支那」って国は
これ「放送局に貸し出すCDじゃん」シリアル打ってあるアルヨ

a0169501_13595891.jpg



コレカラノジンルイハ  ドコニイクノダロウカ?
[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-07-11 14:12