ブログトップ

ROCK農民連合

bluesbird.exblog.jp

農ROCK,農LIFE!

2010年 04月 01日 ( 1 )

これがGFR

Mark Farnerさんは大好きなギタリストのお一人である!
あのChar様も「初めてあった時はさすがのオレも、、、、」と言わしめたお人でもある

オイラの好きなギタリストに共通する事は「音がそのまま心に癒しのパワーと一緒に入り込んでくる」って事と「愛とか命への尊敬とか人の営みへの優しさ」とか言葉にするとなんだか陳腐なんだけど隠したくても隠しようのない「偽りのないそのままの演奏家の心と姿勢」が感じられる事かな、、、それが「かっこいい」と尚更いいね!

Mark Farnerさんのサイトに日本からメールオーダーしてCDやGOODSを購入するとご本人がタイトルの言葉を添えてサインをしてくると「一部フリーク」の間では有名な話しらしいんだが、、、

ブログをフライングして全部アップする前にコメントを頂いたPET兄さん おそらく仙人も言葉は違えども同じような事を言ってる気がするんですよ
名盤MOON LIKE A MOONの演奏もJL&Cとマリ姐さん、それからオイラの兄貴分DAVE以外は素人の演奏者だし、、、
ペット兄さんをお気楽に誘える事も含め、いろんな意味で世界のもって行き方とか見ていると人間としても演奏者としても「格」の違いを感じさせる仙人はやっぱり凄い方です、まだまだ足下にも及ばねえっす

CharのやってるZICCAとは違って見えるけど根っ子は同じ事を感じてる、と思えるコメントどうもありがとうございました
もともと素人に毛が生えた演奏者を一人前にするのが趣味みたいなジョニーさんといい、やっぱJL&Cは偉大だ!


もう一丁GFR
[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-04-01 15:15