ブログトップ

ROCK農民連合

bluesbird.exblog.jp

農ROCK,農LIFE!

ZICCA.net

a0169501_1752333.jpg

ZICCA準備中
Char

そこいら辺に立っているだけでカッコイイと男に言わせる魅力を持った「巨匠」Charが新しいWeb専門レーベルの準備中なんだ。
今現在、都内にある倉庫を改造した「Char専用スタジオ」で配信する楽曲の最終的な音入れ作業中との事であるが3月には本格的な運用を開始される。

Charの新しい試みは「Web配信」と言葉にすれば簡単なんだけど 原盤制作会社、著作権管理会社→問屋→小売り→オイラ達って音楽「業界」の図式を革命的に変える出来事なんだ。

アーチスト→オイラ達ってとてもシンプルに音を伝える仕組みが出来上がる。

どうしても原盤制作会社って資本の論理は「アーチストの気持ち」よりも「利益を共同分配する音楽業界の利権構造」最初から最後まで「どんな形でも儲かればいい」って考え方が支配する世界だよね==なんせスゴい金額が動くビジネスだから仕方ない面もあるんだけど、、、ねっ

それって「表現者」と相反する事が多くてCharのような生き方をしているアーチストとは相容れない部分が非常に大きい訳だ。

そこでweb配信専用レーベルを立ち上げたとご本人は言っておられる。

オイラは「Char」が勇気の決断をされたんだと応援しているんだけど
田舎からじゃなんにも出来ないのでこの間はweb配信実験に参加しました。
楽曲がダウンロードされる間、昔レコード屋で新譜を買って家路に着くまでの「あの高揚感」を味わいました。
オイラがガキの頃はCDなんてなかったし、アナログ時代はなんかアーチストとレコードって媒体を通して共有できる何かがあったと思うんだよね

それがデジタル時代にWebという環境を通して久方ぶりにあのドキドキを感じました。
音質も臨場感があふれスタジオでの息づかいまで聞こえそうな「有機的な」音がしましたよ!
これはなんでだろう?
エンジニアの才能もあるんだろうけど、、、それ以外にも何かが、、、

iTuneもWeb配信だけど「問屋」を抜いただけであれってネット上の小売りCDショップじゃない
違法コピーも後を絶たないけど、完全にあの世界は無くなるとも思えないし、、、
それはアーチストの方でも折り込み済みなんじゃないかな〜〜〜

それよりもアーチストと直接繋がれる音楽配信システムが完成しちゃうって事はスゴい事じゃないか?

このビジネスモデルがうまく行くと他の「アーチスト」の生き方も変ってくるだろうし、、、、未来のアーチストにとって素晴らしい財産になると思うんだよね。

なにせ「生き方がかっこいい」アーチストってその存在自体がすでに財産だから

ZICCA.netを応援しようと固く決意したオイラでした。
[PR]
by bluesrockguitar | 2010-02-08 18:39