ブログトップ

ROCK農民連合

bluesbird.exblog.jp

農ROCK,農LIFE!

Bauholzmühle

a0169501_21534880.jpg
動画はこちら
一番はじめの歌手は「樵」だったって聞いたのは、やっぱりDaveからだった。
あの人のお父さんは声楽家だったからきっとお父さんから聞いたんだろうね。

そういえば青年になって欧州を旅した時こんな話しをイタリアで聞いた。
ある「樵」が森で木を切る時、拍子を取る為に唄いながら??や鋸を使った。そのうち近くにいる「樵」たちも唄いはじめた。気付けば森中の樵達が唄いはじめ、、、森の傍で働いている女達がその唄の輪に加わって、、、
                        これがオペラの発祥である、って

イタリア半島の付け根、チロリアンアルプス周辺の山林で見受ける林業関係者の男達、パパロッテイと重なるイメージが、、、、

今日からオラ 丸太の製材してます、雪も降ってるし。

画像はオイラ達が放置され手が入らなくなった山林から切り出して来たかわいそうな「杉」とか邪魔になって捨てられる運命の「木」に新たな命を吹き込む「製材マシーン」です。

スエーデン製の組み立て式製材マシーンは冬の間農作業小屋に設置されます、
このマシーンがあると器用な人なら山で製材しながら家を建てる事も可能です。

オラ達はもっぱら製材した材木で「ミツバチの巣箱」を作っています。

なんでかって言うと「日本って風土」に暮らす生き物にとって杉の材木は「調湿性と断熱性に優れた天然の資源」なわけで、意外と住いにうるさい「みつばちさん」達にも大好評なわけですよ!

実際 静岡県の林業試験場で「犬」を用いた動物実験(杉、ヒノキ、松 それぞれで同じ大きさの犬小屋を作って その中で犬の生理的な変化を調べた大変真面目な動物実験)でも杉の住まいは心地よいらしいとの事でした、、、犬公も自然の住いがすき!

でもね、オラ花粉症だから「杉」って聞くだけで、、、、、大魔王が飛び出すわけだ
[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-02-04 21:56