ブログトップ

ROCK農民連合

bluesbird.exblog.jp

農ROCK,農LIFE!

Moon&Venus

a0169501_7175041.jpg
a0169501_7194958.jpg

月と金星(撮影 自宅ベランダから5/16 19時35分頃)

[ロンドン 14日 ロイター] 英ロイズTSBインシュアランスが14日発表した調査で、英国人は一生のうち6カ月間相当を、天候に関する会話に費やすことが明らかになった。
 天候に関する話題の量は、スポーツや仕事、恋愛を上回り、よく言われる「英国人は天気の話が好き」という言葉を裏付ける結果となった。
 また、見知らぬ人や仕事上の知り合いとの会話の始まりに天気の話題を持ってくるという英国人は58%に上った。
ロイターによるとそう言う事らしい、イギリスさんと日本の違いって案外とこういうところなんじゃないかなと思う今日この頃
 そう言えば日本でその筋のマニアがハマっている気象予報士の知識があれば英国紳士、淑女との交遊に役立つと聞いた事があるような気がする
 
 昨晩は金星と月が一年で最もお近づきになると言う夜でした(画像をご覧在れ、ちょっと粒子が荒いけど)
 今の日本で暮らす人の多くは「今日の青空」とか「今日の雲」とか「今日の夜空」なんて全くどんなだったか覚えちゃいないだろうし興味も無いから話しの話題にもならないんだろうね

 自分が暮らす周囲の環境に敏感になる事が「Make Love」の一歩じゃないかなと思う今日この頃

 それにしても日没からの西の空は見事な月と金星の競演でござった

 
末恐ろしいガキ2
[PR]
by BluesRockGuitar | 2010-05-17 07:42